2019年1月20日 (日)

地層処分

1月19日、松本で開催された「科学的特性マップに関する対話型全国説明会」に参加した。このタイトルでは多くの人には何の説明会かわからないだろうが、原発由来の高レベル放射性廃棄物の地層処分についての説明会である。
参加前、参加中といろいろ考えたり気づいたことから2点に絞り書いている。一つは説明会の運営、もうひとつは日本学術会議による回答書である。
●説明会の運営
NUMOからの説明後の質疑応答は数名毎のグループの中でのみ受け付けるとの主催者方針に対して、参加者から10分程度でよいので全体での質疑応答時間をとってほしいと複数の要望が出された。参加者全体で共有すること部分があることも必要との観点からの要望だ。
主催者はグループ質疑の方が多くの人の質問に答えらえるからとの説明を繰り返すのみ、最後はこの説明会の責任者と称する人が登場して、事前に予定した進行以外は認めないと一方的に宣言した。
責任者のなすべきことは、参加者の要望を理解し折り合いのつく運営を臨機応変に進めることだろう。グループ質疑に90分とっているのだから、その中の10分を限定時間として全体質疑にあてることに不都合があるとは思えない。最低でもなぜその要望に応えることができないのか合理的な説明が必要だ。
責任者の務めは一方的な宣言をすることではない。
●日本学術会議の回答
日本学術会議は内閣府原子力委員会からの審議依頼を受け、「高レベル放射性廃棄物の処分について」との回答を提出している( http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-k159-1.pdf )。
この回答には次のような重要な記述がある。
1)エネルギー政策・原子力政策における社会的合意の欠如のまま、高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定への合意形成を求めるという転倒した手続きを進めていると判断している
2)高レベル放射性廃棄物の「総量管理」
3)暫定保管によるモラトリアム期間の設定
4)公正な立場にある第三者が討論過程をコーディネートすること。その理由は「政策論争の一方の陣営が、同時に討論過程の管理者となっているような場合には議論の公正な管理はできない」としている。
この回答を受けてどのように進めようとしているのか、まずそこが重要だと考えているが、回答とこの説明会との関連性が把握できず、それを知りたいと思い説明会に参加した。
 
学術会議の回答を受けどのようにしようとしているのかと質問したところ「ひとつの考えとして聞きました」との説明だった。
 
この説明会が地層処分ありきの証拠づくりとならないよう、国民の監視が大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

「教科書を信じない」とはどういうことか、しっかり考えよう

京都大学特別教授の本庶佑さんがノーベル医学・生理学賞を受賞することになり、10月1日夜の記者会見を聞いていたら、とても興味深く、ぼくなりの解釈で「その通りだ」と思ったことをおっしゃっていました。
「教科書に書いてあることを信じないで、常に疑いを持ち」というものです。
 
NHKのNEWS WEBによれば、研究者を目指す子どもたちへのメッセージを聞かれ、本庶さんは次のようにおっしゃいました。
「研究者にとっていちばん重要なのは何を知りたいかと思うこと、不思議だと思う心を大切にすることだ。そして、教科書に書いてあることを信じないで、常に疑いを持ち、本当はどうなっているのかという心を大切にする。自分の目でものを見て納得するまであきらめない、そんな小中学生がぜひ研究の道を志してほしい」
 
ぼくは記者会見を聞きながら、「教科書を信じない」というフレーズだけが注目され、ひとり歩きしてしまいそうだなとも思いました。
 
これは研究者を目指す子どもたちへのメッセージとして問いかけられたことへの答えであり、だからこそ「そんな小中学生がぜひ研究の道を志してほしい」と締めくくっているのだと思います。
 
本庶さんの真意は本庶さんでなければわかりませんが、ぼくなりの解釈として「自分で考えよう、自分の頭で考えよう」ということだと思いました。もう少し正確に言えば、本庶さんの言葉に触発され、そのことを強く頭の中に描いたということです。
 
ふだん仕事をしていると、証拠・証明や裏付け(よくエビデンスという言葉をよく使いますね)を求められます。必要なことであり、ぼくも重要視しています。
ただ、思考がエビデンスで止まってしまってはいないか?
このことを常に自分にも、まわりにも問いかけることが大切で、それを怠ってしまってはいけない。本庶さんの話でそのことを強く考えました。
 
エビデンスが本当に正しいのか、その意識も必要ですし、大切なことはエビデンスをもとに「ではどうするか」と自分で考えることです。
でも往々にして「エビデンスがこうだから、それに従おう」となりがち。
エビデンスを重視することと、エビデンスを鵜呑みにすることは大きく違います。
エビデンスを鵜呑みにして物事を進めることは、正しいやり方のように見えて、実は自責でなく他責にしてしまっていると言えます。
 
本庶さんのお話で、自分のふだんの考えや行動を自戒し、自分で考えることを徹底していこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

言葉に力を与えるもの

権力や地位は言葉に力を与えない。
そのことを心から感じました。
 
家にいる時はラジオをつけていることが多いです。
今日は沖縄慰霊の日の沖縄全戦没者追悼式をリアルタイムで聞くことができました。
手術後にもかかわらずこれだけはと出席した翁長知事、安倍総理大臣、そして中学生の相良倫子さん
3人のスピーチを聴いて、強く感じました。
 
日本最高の権力や地位を持っているからといって言葉に力があるわけではなく、声に力があるわけでもない。
言葉や声に力があることはとても大切なこと。
 
ただ、空虚な言葉を語っていても、権力も地位はやはり権力であり地位であること、これが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

ポケットティッシュを配らない、受け取らない

通勤に毎朝使う上諏訪駅。
時々、駅入口への導入路に人垣を作って待ち構えている人々がいる。
何かのキャンペーンだ。
ぼくはこれが苦手だ、あの人垣の中を通らなければ駅に入れないのだが、とても圧迫感を感じる。
耳をふさぎ、目を閉じて歩きたくなる。
何かを伝えるための人垣だろうに、これでは逆効果だとも思う。
だが、ここで書きたいのはこの手法の是非ではない。

たいていの場合、その声かけはポケットティッシュ配りとセットだ。
ティッシュを差し出しながら何か言っている。
受け取る人は多いように見受けられるが、ぼくは受け取らない。
理由は簡単、ポケットティッシュを配るべきではないと考えているから。
配るべきものでなければ、受け取る理由もない。
森林伐採して製造しているであろうポケットティッシュ。
それを無料で街頭で配る。
この行為がおかしいと思わないのだろうか。

もしかすると再生紙のティッシュかもしれない。
だが無料で配るくらいのものだから、原価の安いティッシュであろうと推測すれば、バージンパルプ製である可能性が高いだろう。

どうでもよいことかもしれないし、そもそもぼくが何か間違った考え、あるいは勘違いをしている可能性もある。
目くじらを立てるようなことではないという見方もあるだろう。
でもやはり、ぼくには受け入れることのできない行為だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

古材の楽しみ

諏訪にReBuilding Center JAPAN(リビセン)がオープンしてすでに1年半以上が過ぎました。
自宅からすごく近い(歩いて5分とかからない)こともありよく通っています。気になる古材を見つけるとひとまず買っておいて「さて、これで何を作ろうか」と考え、あるいは作りたいものに合った古材をリビセンに探しに行ったり、本当に、よくぞ諏訪に、いやいや近所にリビセンができてくれたと思わずにはいられません。

古材を使ったモノづくりをいくつか経験して、ぼくなりに古材の楽しみや古材の良さを2つ見つけました、それを書きます。

まず一つめは「一材入魂」とでも言えるかもしれないこと。古材には同じものはありません。目の前にある古材で何かを作る時、失敗は許されないとも言えるわけで、その緊張感がモノづくりに気合を入れてくれます。そしてその古材の個性を活かすためのアイデア。そのアイデアは、裏返せば自己満足そのものですが、だからこそ作る喜びと完成したときの満足感がなんともいえないわけですね。

もうひとつは、古材はアバウトでよいということ。「一材入魂」とまるっきり正反対ですが、ぼくはこれによってバランスが取れているように感じています。古材の特徴として、割れや欠け・穴があったり、反っていたり、傷や染みがあったりと、ホームセンターで売っている新材の規格品とは全く異なります。古材の特徴は個性であり、特長にもなり得るもので、それが一つめの「一材入魂」と結びつくのですが、一方で古材の特徴により、いわゆるきっちりとしたものが出来上がるわけではない、「こういう材料だからここは仕方ないよね〜」という気楽さもあるのです。これがバランスが取れるゆえん。
以上2つがぼくなりの発見です。

もちろん、そのままでは捨てられてしまうものにまた活躍の場を提供するといった大きな意義など、リビセンのポリシーにおおいに共感したうえでのぼくなりの発見でした。

古材を使うと楽しくて面白い、多くの人にそれを経験してほしいなあと思っています。
Bench_fb01

Bench_fb02_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

子どもには聞かせられない

「こんな人たちに、みなさん、私たちは負けるわけにはいかない」
「必要なのは対話ではなく圧力だ」
「選挙のためだけに看板を替える政党に、日本の安全を子供たちの未来を任せるわけにはいかない」
人それぞれ、いろいろな考え方はあるでしょう。
でも、このような発想、考え方を公言する人やその母体政党に、それこそ政治を任せるわけにはいかないのです。
冒頭に引用した3つのセリフ、「これはどういうことなの?」と子どもたちに聞かれたら、ぼくには説明できません。
相手をけなし、つぶそうとする姿勢、これをどう子どもに説明できるというのでしょうか。
政治家には、国のリーダーには、理想を語って欲しい。
ぼくは心からそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

That's not my job!

 「これは私の仕事ではない

そうそうだよ、と思わず膝を打つ短い英文と出会いました。
文章の内容に「うんうん」と思ったのですが、英語だからこその面白さにも感心しました。
It's not my job というタイトルがついている場合もあるようです。どなたの作なのか調べてみたのですが、わかりません。
author unknown という記述も見たので、そのまま以下、転記させてもらいます。

This is a story about four people named: Everybody, Somebody, Anybody and Nobody. There was an important job to be done and Everybody was sure that Somebody would do it.
Anybody could have done it, but Nobody did it. Somebody got angry about that, because it was Everybody's job. Everybody thought Anybody could do it, but Nobody realized that Everybody wouldn't do it. It ended up that Everybody blamed Somebody when Nobody did what anybody could have done.

では、和訳してみます。
「みんな」「誰か」「誰でも」そして「誰も」という4人の物語。
しなければいけない重要な仕事がありました、みんなは誰かがそれをするはずだと確信していました。
それは誰でもできるはずのこと、でも誰もしませんでした。
それはみんなの仕事じゃないかと、誰かが怒りました。
みんなは誰でもできるはずと思っていましたが、みんながそれをしないとは誰も気がつきませんでした。
結局、誰でもできることを誰もせず、みんなは誰かを責めたのでした。
(訳 平島 安人)
あ〜、冷や汗かきました。
大きな間違いはないものと思いますが、ニュアンスの点では問題ありかも、ご容赦ください。

さて、ぼくはどうするか?
ぼくはABBAの名曲でいこうと思います。

"I Do, I Do, I Do, I Do, I Do"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

オランダ農業

「1ヘクタール当たりのジャガイモ収量は、世界平均で約20トンだが、彼の畑は毎年47トン以上を維持している」
「この一帯の農家は、主要作物の水の使用量を2000年から9割減らし、温室栽培では殺虫剤の使用もほぼゼロにした。家禽・家畜農家の抗生物質使用も、2009年に比べると6割も減少している」

すげえなとビックリしました。
これはぼくが購読しているナショナル ジオグラフィック日本版の9月号の”オランダが救う世界の飢餓”という記事の冒頭部分です。

全てぼく自身の不勉強からくるものですが、機械化・工業化された農業にはあまり良い印象を持っていませんでした。それはひとえにアメリカの農場で展開されるオガララ帯水層の水を飲みつくす巨大なセンターピボットや、農薬の空中散布などの映像の印象が強すぎたからです。

でもナショジオの記事に書かれたオランダの農業はそんなアメリカ型農業とは全く異なるもの。
科学に裏打ちされた「必要な時に、必要なものを、必要なだけ」という給水や施肥、あるいは温室度コントロール。
結果として、飛躍的な収量増大を達成しています。
こういった農業は、日本こそもっと真剣に取り組む必要があるし、日本に向いているのではないかと思いました。
実際、ネットで調べると、オランダ式農業はかなり注目されているようです( 例えば、http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/249071.html )。

ぼくはナショジオの記事を読んだだけなので、手放しでオランダのやり方が良い、日本もどんどん導入すべき、とまでは言えません。
でも、日本でオランダ農業にもっと取り組んで良いのではというのがぼくの直感です。
なぜならば、どうやらオランダのやり方は規模を追求しているものではないように思えるからです。

以上、はなはだ浅薄な知識からだけの、意見とも言えない感想のようなものですが、オランダの農業についてはもっとよく学んでみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

止めるべきことを止めさせるには

原爆で被ばくしても核兵器禁止条約に署名せず、3.11で巨大事故を起こしてもなお原発を続け、核燃料サイクルを止めようとしない。
いったい何があれば、署名し、止めると決断するのだろう。
これだけのことがあっても何も変えないのだから、どうしたらよいかなかなか考えつかないが、核兵器や原爆を続けようとする人たちを国としての決定を行う立場につかせないようにすることは有力な手段だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

「こんな人たち、私たち」の抱える問題

一国の総理が「こんな人たち」と言い放った。

これについてはすでに多くの投稿、意見表明がされているので、今さらという気がしないでもないが、やはり書かずにはいられない点がある。

それは「こんな人たち」に続く言葉だ。
映像で確認すると「こんな人たちに、みなさん、私たちは負けるわけにはいかない」と言っている。
「こんな人たち」に続けて「私たち」と続いている、これを注視したい。

「負けるわけにはいかない」と、ものごとを勝ち負けでとらえる姿勢もどうかと思うが、ここでは「こんな人たち、私たち」を取り上げる。

一般には「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と引用され「こんな人たち」が大きくクローズアップされて問題視されているように感じる。
「こんな人たち」だけを取り上げると蔑視や差別のような感触だ。そこに反応しているコメントも多くあると思う。

「こんな人たち」、これだけでも十分に問題発言だが、これに「私たち」が続くことで、問題が鮮明になってくる。
ものごとを二項対立、二者択一でとらえる。いや、対立や択一ならまだましだ。結局のところ「私たち」だけが正しく、他の人たちの意見は聞かない、他の人たちは遺棄すべきものと見なす、それが今回の「こんな人たち、私たち」発言で鮮明になった。
多様性を認めようとしない。

そして「お友だち政治」「お友だち内閣」が生まれる。
健全で暮らしやすい社会のためには多様性が欠かせない。多様性は社会のあり方の根本にあるものだとぼくは考える。
その多様性を大切にしないどころか、認めようともしない。
そのような価値観、考えの人たちだけで国の政策を決めたり、閣議決定したりしてよいのだろうか、よいはずがない。

だが、この安倍総理発言の問題は、この日本の多くの組織が抱えている問題とつながっているのではと思った。お友だち内閣を支えてしまう素地が実は多くの組織(例えば多くの企業や団体)にあるのではないかと考えた。
「それが組織というものだから」という半ば思考停止の価値観のもとに、長と名のつく人の言うこと・決めたことを絶対的な是としてしまうことがないだろうか。
それがあるからこそ組織が成立するという側面があることはわかる。
だが多様性を尊重しよう、多様性を取り入れようという姿勢があるだろうか。姿勢だけでなく、実際に尊重しているだろうか。
多様性を尊重しない体質が、「こんな人たちに私たちは負けるわけにいかない」と言いのけてしまう最高権力者を生み出してしまっている、そんなことを今回の件で考えた。

多様性を尊重し、常に「これでよいのだろうか」とチェックし、修復することができる、そんな社会にしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«教えることと与えること