« 未来からの声なき声を伝えるもの | トップページ | まず踏み出さなければ »

2008年6月26日 (木)

朴葉巻き

朴葉巻き、大好きです。朴歯巻きを作る地元のおばあちゃんたちの話によれば、
「昔はみんな朴の葉を、いろいろに使ったんだよ」
「買い物に行くときは、朴の葉を持っていったんだよ」
「その朴の葉で、魚や豆腐や、買ったものを包んでもらうんだ」
いい話だなあ。

朴の葉が生活と密着しているようなところでの暮らしは、苦労することも多いだろうと思います。
だから、ぼくのように朴の葉を使うことだけをみて、気軽に「いいなあ」なんて言ってしまってはいけないだろうと思いつつ、やはりこういう暮らし方をもっと大切にしていきたいなあと思いました。

ちなみにぼくは朴とは縁があって、高校時代は、朴葉ではなく、朴歯の高歯の下駄で高校に通っていました。
中学時代はさすがに高歯は認めてもらえなくて、普通の下駄でした。

|

« 未来からの声なき声を伝えるもの | トップページ | まず踏み出さなければ »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朴葉巻き:

« 未来からの声なき声を伝えるもの | トップページ | まず踏み出さなければ »