« 固定価格買い取り制度 | トップページ | エコ商品の意味を知る、知らせる »

2009年5月 8日 (金)

幸せエコ生活「雨水利用」

「雨水利用」

文字通り雨水を利用すること。東京都墨田区では区をあげて様々な雨水利用アイデアを実現している。国技館のトイレ用水の8割は雨水だ。

日本人は生活用水として一人あたり毎日300リットル以上の水道水を使う。水道水1000リットルを作るために360gの二酸化炭素が排出され、雨水利用は温暖化対策にもつながる。

日本は年間降水量が1700mm強ある多雨国だ。60平方mの広さに、1年間で約100トンもの雨が降り注いでいる。手入れした森林の地面は水の吸収能力が高く、豪雨を一気に沢に流すことがない。森林整備も立派な雨水利用と言えよう。

雨水利用すると雨が気になる。最近は昔と雨の降り方が変わってきていないだろうか?雨は私たちと自然との接点であり、自然の変動を伝えている。

連載第15回め

(市民タイムス 幸せエコ生活より、2008年7月23日掲載)

|

« 固定価格買い取り制度 | トップページ | エコ商品の意味を知る、知らせる »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「雨水利用」:

« 固定価格買い取り制度 | トップページ | エコ商品の意味を知る、知らせる »