« クモの巣 | トップページ | やめられること、やめられないこと »

2009年7月31日 (金)

幸せエコ生活「循環」

「循環」

一般的な意味としては、ひとまわりして元の場所や状態に戻す、それを繰り返すことだが、環境問題において、とても重要な意味を持つ概念だ。

生態系では、生産者、消費者、分解者により物質が循環する。植物は生産者として太陽エネルギーを取り込み無機物から有機物を作る。これを消費者である動物や虫などが食べ、その死体や排泄物を微生物、つまり分解者が無機化し、再び生産者が取り込む。

こうして人類の歴史よりもはるかに長く生態系は持続してきた。循環の原動力となる太陽エネルギーは資源を消費しない。これが重要だ。人類は今、一方的な消費を爆発的に増やしてしまった。資源は循環させエネルギーは資源消費の少ないものに変えていく。生物たちの循環の営みから学ぶべきことは多い。

(市民タイムス  幸せエコ生活より、2008813日掲載)

|

« クモの巣 | トップページ | やめられること、やめられないこと »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「循環」:

« クモの巣 | トップページ | やめられること、やめられないこと »