« 高速道路の無料化 | トップページ | 刈り払い機とチェーンソー »

2009年10月10日 (土)

幸せエコ生活「3R」

「3R」

読みは、さんあーる、あるいは、すりーあーる。ゴミを減らすための考え方である。ゴミの発生を抑える「リデュース」、再使用する「リユース」、再資源化する「リサイクル」を英語表記した時の各単語の頭文字Rから名付けた。

3つの言葉の順番には意味がある。不要なものは買わないことを含め、まずゴミを作らないようにすること。次には洗ったり修理したり、消耗品を補充して再び使うことを考える。部品にばらして、それぞれを再使用するやりかたもある。リサイクルは原料に戻すために少なからぬエネルギーを消費する問題がある。

物はできる限り物の姿のままで使えば環境への悪影響も少ない。物の価値を十分に生かしきらず無駄にすることを「もったいない」という。3Rで物を生かしきりたい。

(市民タイムス 幸せエコ生活より、2008年10月15日掲載)

|

« 高速道路の無料化 | トップページ | 刈り払い機とチェーンソー »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「3R」:

« 高速道路の無料化 | トップページ | 刈り払い機とチェーンソー »