« 38回目の献血 | トップページ | 青空をいつまでも »

2009年11月18日 (水)

幸せエコ生活「県民計画」

「県民計画」

長野県地球温暖化防止県民計画。2003年4月に制定された。2050年度までに1990年度比で温室効果ガス排出半減を最終目標とし、木質バイオマス、太陽、マイクロ水力などの地場産再生可能エネルギー普及を始め意欲的な方針を定めた。24時間型営業の削減、飲料自販機の半減などを掲げたのも大きな特徴だった。

まず遠い将来のあるべき姿を描く、当時としては先進的な手法を採用したこと、高い目標と地域特性を考慮した対策メニューで注目された。

現計画は2008年2月に改訂したもの。2012年度に1990年度比で実質的に排出増となる状態を目標とし、当初の計画より大幅に後退した内容となった。県民計画の存在を多くの県民は知らない。今こそ計画を知り、あるべき未来の長野県について議論し行動する時だ。

(市民タイムス 幸せエコ生活より、2008年11月26日掲載)

|

« 38回目の献血 | トップページ | 青空をいつまでも »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「県民計画」:

« 38回目の献血 | トップページ | 青空をいつまでも »