« あるものを探すには | トップページ | 思わぬ再会 »

2010年4月22日 (木)

幸せエコ生活「食物連鎖」

「食物連鎖」

生物の間の「食べる-食べられる」関係を表す言葉。自然界は、植物→草食動物→小型肉食動物→大型肉食動物といった順序で、互いに食べ食べられを繰り返す階層構造を形成している。一般的に上位の生物ほど大型で数は少ない。つまりピラミッドのような構造と考えることができる。

食べ食べられるの関係は鎖のような一本になったものではなく、複雑なつながりがある。雑食動物もいる。鎖ではなく網のような関係になっていると考えたほうがよい。

植物を支えるのは、動物の死骸や排泄物などの有機物を分解する菌類など「分解者」の働きだ。私たちの食べ物、その生産には多くの生物がかかわっている。思いもかけない生物のほころびが大きな影響を生むこともある。見えない生物にこそ気を配りたい。

(市民タイムス 幸せエコ生活より、2009年2月25日掲載)

|

« あるものを探すには | トップページ | 思わぬ再会 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「食物連鎖」:

« あるものを探すには | トップページ | 思わぬ再会 »