« 幸せエコ生活「ゼロエミッション」 | トップページ | 行動に結びつけるために »

2010年4月 3日 (土)

幸せエコ生活「カーシェアリング」

「カーシェアリング」

1台の車を複数の会員が共同で利用するシステム。会員のみ、短時間利用可能な点などがレンタカーとの違い。1987年にスイスで始まり欧米で広まった。現在は日本の都市部でも普及しつつある。車の新しい利用形態であり、公共交通を補完するものと位置づけられる。

共同利用により車の総量つまりは車自体に伴う環境負荷が減る。駐車場も減り土地を有効活用できる。さらに利用者の意識が高まり、車の走行距離の減少、より環境負荷の低い交通手段への移行といった実績も報告されている。

「所有から利用へ」、発想を変えてみたい。適当なサービスがあればモノを所有せずにすむ場合は多い。その一方、よいモノを大切に使い続けることも大切だ。モノとサービスをうまく使い分け、エコ生活を楽しもう。

(市民タイムス 幸せエコ生活より、2009年2月21日掲載)

|

« 幸せエコ生活「ゼロエミッション」 | トップページ | 行動に結びつけるために »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せエコ生活「カーシェアリング」:

« 幸せエコ生活「ゼロエミッション」 | トップページ | 行動に結びつけるために »