« もっとエコ生活「19億トン」 | トップページ | 一つを保つ »

2010年8月29日 (日)

もっとエコ生活「打ち水大作戦」

「打ち水大作戦」

物質フロー、これは物質の投入や廃棄、蓄積などであり、2005年度の日本では約19億トンの物質が投入され、建物や道路の建設、製品製造、燃料、食料などに使われた。一人あたり15トンにもなる量だ。19億トンの9割近くは天然資源で、海外と国内からそれぞれ8億トン強ずつ投入されている。

「隠れたフロー」も見逃せない。例えば鉱物採掘では、実際に使う資源そのものよりもはるかに多量の表土や岩石が捨てられ自然が破壊される。製品は多くの見えない資源を背負っていると考え、隠れたフローを「エコロジカル・リュックサック」とも呼ぶ。リユースやリサイクルをすればリュックサックは不要のものとなる。

日本からの輸出は1億6000万トン。差し引き国内に8億トン強が蓄積される資源メタボ国になっている。この大量な資源消費は本当に必要なのか?このままでは地球がいくつあっても足りない。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2009年7月15日掲載)

|

« もっとエコ生活「19億トン」 | トップページ | 一つを保つ »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「打ち水大作戦」:

« もっとエコ生活「19億トン」 | トップページ | 一つを保つ »