« Newton別冊 生物多様性 | トップページ | もっとエコ生活「生物多様性」 »

2010年9月25日 (土)

もっとエコ生活「164万種」

「164万種」

地球上にはいったいどれだけの種類の生き物が存在しているのだろうか?国際自然保護連盟のレッドリスト「絶滅のおそれのある野生生物種」には164万2189種の野生生物種が記載されている。これは科学的に明らかにされた種の数だ。実際には、はるかに多くの未発見の生物が存在している。

推計によれば地球上には3000万~5000万種、あるいは1億種の生物種が存在すると言われている。私たちが知り得ているのは全生物種のせいぜい数%程度だ。私たちはあまりにも知らないことが多いということを知るべきだろう。

地球上では過去5回の生物大量絶滅があり、その原因はいん石衝突や火山爆発らしい。今、6回目が始まった可能性があるが、この絶滅の原因は人為的なものだ。さまざまな生き物がいて、みなつながっている。つながりの中では新参者である私たち人間は、自然に対しもっと謙虚でありたい。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2009年8月12日掲載)

|

« Newton別冊 生物多様性 | トップページ | もっとエコ生活「生物多様性」 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「164万種」:

« Newton別冊 生物多様性 | トップページ | もっとエコ生活「生物多様性」 »