« 効率化とは | トップページ | COP10全体会合で上関原発の問題を告発 »

2010年10月24日 (日)

もっとエコ生活「バックキャスト」

「バックキャスト」

対する言葉はフォアキャスト。共に本来は釣りの専門用語だが、環境問題に対処する考え方としてよく使われるようになった。

バックキャストはまず将来のあるべき姿、理想の状態を目標として定め、次に現状を振り返り、今何をすべきか、今後どのようなステップで目標に近づくのか考える手法だ。フォアキャストは今までの実績やデータに基づき将来を予測、積み上げ方式とも呼ばれる。政策も企業の事業計画もほとんどはフォアキャストで決めている。

2020年までに温室効果ガスを25%削減する鳩山イニシアティブは、科学的知見に基づきバックキャストで定めた。反対意見も多いが、過去からの延長や現在の価値観に基づき、つまりは既存のものにしがみつき破局の未来を予測するだけでは問題の解決はできない。希望ある未来作り、実現にはどんな条件が必要かを認識し覚悟すること、そこから始まる。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2009年10月14日掲載)

|

« 効率化とは | トップページ | COP10全体会合で上関原発の問題を告発 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「バックキャスト」:

« 効率化とは | トップページ | COP10全体会合で上関原発の問題を告発 »