« COP10直前緊急セミナー | トップページ | ルールを決めるルールは変えなくてよいのか? »

2010年10月 6日 (水)

もっとエコ生活「アンペア変更」

「アンペア変更」

私たちの暮らしに電気は欠かせない。電気料金の内訳は基本料金と電力量料金だ。基本料金は電気使用の有無に関係なく毎月定額を支払う。その金額は契約アンペア数によって決まる。この契約を変えるのがアンペア変更だ。

アンペアは一度にどれだけの器具を使うかによって決まる。大電力器具も同時に使わない工夫をすればアンペアは減り、少なく契約変更すれば基本料金が安くなる。中部電力の場合、40Aなら1092円だが30Aなら819円。変更工事は無料だ。変更を呼びかけるアンペアダウンという運動もある。

電力量料金は使った電気に応じて課金され、使用量が増えるほど単価も高くなる仕組みになっている。使用量を減らせばより安く、増やせばよけいに高くなる。アンペアを減らせば電気の使い方にも気をつけるようになる。電気のスイッチは環境にも家計にも直結している。その意識が大切だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2009年9月2日掲載)

|

« COP10直前緊急セミナー | トップページ | ルールを決めるルールは変えなくてよいのか? »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「アンペア変更」:

« COP10直前緊急セミナー | トップページ | ルールを決めるルールは変えなくてよいのか? »