« 湯気がすごいぞ | トップページ | カモシカと会った »

2011年1月22日 (土)

もっとエコ生活「385.2ppm」

385.2ppm

世界気象機関の最新報告によれば、2008年の大気中二酸化炭素濃度は385・2ppmを示し、過去最高濃度となった。産業革命以前の約1万年間にわたり約280ppmでほぼ一定だった。しかし、工業化とともに二酸化炭素の排出は急増、濃度は約4割増しとなった。

ppmとは濃度の単位で、1ppmは百万分の1だ。1000㍑中の385㍉㍑、これが385ppmという濃度にあたる。1辺が1㍍の立方体の中にビールのレギュラー缶を1本立てた状態を想像すればよい。この1本分の二酸化炭素が私たちの未来を左右する。

一方、気温を見れば2009年の世界平均気温は過去3位の高温となる見込み。2000年以降の各年の平均気温は全てが観測史上の15位までに入っている。自然界の吸収能力の2倍を超える二酸化炭素を出し続ける私たちの社会、このままでは気温も二酸化炭素濃度も記録更新が止まらない。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2009年12月23日掲載)

|

« 湯気がすごいぞ | トップページ | カモシカと会った »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「385.2ppm」:

« 湯気がすごいぞ | トップページ | カモシカと会った »