« 元旦の諏訪より | トップページ | シンプルに生きる »

2011年1月 2日 (日)

新たな相棒、GR DIGITAL Ⅲ

ぼくは写真が好きだ。カメラをいじるのが好きとも言える。
高校入学の時に買ってもらったPENTAX SPで写真を覚えた。撮影から始まり、フィルムの現像、印画紙への焼き付け、ひととおりやった。現像剤や定着剤は、それぞれ単品の薬剤を買ってきて自分で調合したりもした。フィルムは100フィートの長尺を買い、自分でパトローネに詰めて使った。

その後、ニコンを使うようになり、フィルムからデジタルにと移っていった。

今は、撮影するつもりで出かけるときはニコンのD700をメインにD300をサブに使っている。普段も必ずカメラは持ち歩くので、通勤用のデイパックにはニコンのD60が入っている。デジタル一眼では荷物になり過ぎそうなとき、大げさだなあという時にはニコンのコンパクトデジカメ(コンデジ)を使うのだが、コンデジについてはちょっと不満点もあり、お気に入りコンデジとなるものが欲しいと思っていた。

前々からリコーのGR DIGITAL Ⅲが気になっていた。
そして12月、いくつかの背中を押してくれる要因が連続してやってきて、とうとう買ってしまった。

使いこなすのはこれからだが、本当によいカメラだ。
余計なことはせず、やって欲しい部分はちゃんとやってくれて、その部分についての性能はしっかりしている、人生かくありたい、みたいなカメラだ。

買ったばかりの時に撮ったのがこれ

他にはこんなのも撮った。


Photo

以下は友だちからもらった和三盆。いい感じのお菓子だ。


Photo_2


Photo_3


_


Photo_4

食べるのが惜しい。

まだ10日間ほどしか使っていないが、とても気に入っている。
ずっと長く、相棒として活躍してくれることだろう。
ニコンもどうせならこれくらいのコンデジを出してほしいなあ、そんなことも思ってしまった。

|

« 元旦の諏訪より | トップページ | シンプルに生きる »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな相棒、GR DIGITAL Ⅲ:

« 元旦の諏訪より | トップページ | シンプルに生きる »