« 地域学習会の報告 その1 | トップページ | もっとエコ生活「綿(コットン)」 »

2011年6月 8日 (水)

地域学習会の報告 その2

今回の学習会では、民間主導や市民主導のビジネスモデルの具体的なイメージを参加者に持ってもらおうと考え、2つの事例を紹介した。
ひとつはNPO法人 「信州松本アルプスの風」の事業であるグリーン電力証書だ。代表の月岡さんに説明していただいた。
もうひとつは飯田のおひさま進歩エネルギーによるおひさまファンドだ。本当は社長の原さんに来て説明していただくのがよいのだが、わざわざお越しいただくのも大変だと考え、事前に原さんから説明用資料を提供していただき、当日はぼくが説明した。

ここでひとつご報告。
今回の学習会は松本駅近くのMウイングの会議室を使った。この学習会で使った照明の電力量は、信州松本アルプスの風が発行した電力証書で充当した。つまりグリーン電力で照明したことになる。月岡さんには感謝だ。

こうやって、身近なところから、グリーン化の実績を積み上げていくことも大切だ。
政府や電力会社が高い高いと言い続け、それがために多くの人が「高いんだ」と思い込んでしまった自然エネルギー。
だからこそ、自然エネネルギーへの間口を広げ、敷居を低くするためにも、とっつきやすいもので実績を積んでいくことには意味があるだろう。思い込みの呪縛から開放してあげないとね。

|

« 地域学習会の報告 その1 | トップページ | もっとエコ生活「綿(コットン)」 »

信州自然エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域学習会の報告 その2:

« 地域学習会の報告 その1 | トップページ | もっとエコ生活「綿(コットン)」 »