« 続・日本の一次エネルギー消費の変遷 | トップページ | 電車のドアは手動でいい »

2011年9月14日 (水)

もっとエコ生活「冷蔵庫の買い替え」

「冷蔵庫の買い替え」

家庭で電力消費が多いのはエアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビの順だ。これだけで全体の約7割を占める。冷蔵庫の省エネには大きな意味がある。

冷蔵庫は常に通電して使う。使う時間を減らすような取り組みはできない。冷蔵庫の省エネ性能の向上は目ざましく買い替えが有効な手段だ。最新機種を買って使い続けることを前提とすれば、製造時の環境負荷を含めても買い替えたほうがよいだろう。購入にはお金がかかるが、毎月の電気料が安くなるので使い続けることで元は取れる。

小さいからといって消費電力量が少ないわけではない。買う時には店頭やカタログで年間消費電力量を確認することが大切。古い冷蔵庫にはオゾン層を破壊する特定フロンや、強力な温室効果ガスである代替フロンが使われている。信頼できる業者にきちんと処理してもらうことも肝心だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2010年7月14日掲載)

|

« 続・日本の一次エネルギー消費の変遷 | トップページ | 電車のドアは手動でいい »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「冷蔵庫の買い替え」:

« 続・日本の一次エネルギー消費の変遷 | トップページ | 電車のドアは手動でいい »