« 遺伝子組み換えパパイヤがやってくる | トップページ | 「風評被害」への怒りはどこに向けるのか »

2011年9月29日 (木)

もっとエコ生活「エコカー」

「エコカー」

減税や補助金など景気対策の投入もあり、エコカーという言葉は一般的なものとなった。この政策の対象車の中には絶対的な燃費は良くない車もあり、言葉の定義にはあいまいな点も残るが、一般的には燃費の良い車、排気ガスがクリーンな車と考えられている。

エコカーと聞いて思い浮かぶのはハイブリッド車や電気自動車だろう。これらに使う電池は製造する時の環境負荷が大きい点に注意したい。ガソリン車やディーゼル車にも優れた燃費性能を示す車が増え、最近は自動アイドリングストップ装置を備えた車もある。

車は二酸化炭素の巨大排出源、排出の削減にエコカーは必須だ。しかし低燃費であっても走行距離を増やしたりエンジンをかけっ放しにしては、今まで以上に二酸化炭素が増える。電気自動車なら、充電する電気をどのように発電するのかが肝心。エコカーは本当にエコか?それは使い方次第だ

(市民タイムス もっとエコ生活より、2010年8月18日掲載)

|

« 遺伝子組み換えパパイヤがやってくる | トップページ | 「風評被害」への怒りはどこに向けるのか »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「エコカー」:

« 遺伝子組み換えパパイヤがやってくる | トップページ | 「風評被害」への怒りはどこに向けるのか »