« 伝え方と伝えるもの | トップページ | つながらない・・・ »

2011年10月12日 (水)

もっとエコ生活「発進の心得」

「発進の心得」

まさに「はじめが肝心」、車の発進はエコドライブのスタートとして重要だ。発進回数とエンジンのアイドリング、この2つを減らすことが鍵となる。短距離の走行は燃費を大幅に低下させる。本当に車でなければだめか、用事をまとめ一回の走行で済ませないか、そのチェックから始めたい。

車に乗ってすぐエンジンをかけていないだろうか?シートの位置調整やミラーの角度確認、シートベルト装着など全ての準備を終えてから最後にエンジンをかける。かかったらすぐに発進。無駄なアイドリングはなくそう。

アクセルをじんわり踏み5秒かけて時速20㌔㍍とする「ふんわりアクセル」と呼ぶ発進が推奨されている。ゆっくりした加速で燃料消費は減るが、信号待ちの状況により青信号の間に通過できない車が出てしまい交通全体の燃料消費を増やすので注意したい。状況に応じた運転がエコドライブだ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2010年9月1日掲載)

|

« 伝え方と伝えるもの | トップページ | つながらない・・・ »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「発進の心得」:

« 伝え方と伝えるもの | トップページ | つながらない・・・ »