« やってよいこと、悪いこと | トップページ | リニアを作ってはならない »

2011年12月 6日 (火)

自然エネルギー松本地域協議会(仮称)

今、タイトルの集まりを立ち上げようとしている。

そもそもは、ぼくも設立呼びかけ人のひとりとなり、7月31日に設立総会を開いた『自然エネルギー信州ネット』という集まりがある。産官学民の協働で、信州に自然エネルギーを普及させるだけでなく、地元に雇用を生み出し、地元でお金が回る、そういった取り組みを支援していくことが目的だ。
その信州ネットの構想のひとつに地域協議会がある。

具体的に進めるには、地域にあったエネルギーを選ぶ必要がある。だから、実際の自然エネ普及は地域単位でやっていこうというものだ。信州ネットと地域協議会は、対等の立場であり、連携して活動していくことになる。

ぼくは今、松本地域の協議会を作ろうと、ここでもまた呼びかけ人となり、設立準備を進めているところだ。
ありがたいことに、学習会には70名ほどが集まってくれ、設立のための準備会にも30人ほどの市民が集まってくれた。

設立のための叩き台づくりを始めるところだ。これも有志を募ったところ、10名近くの人が名乗りをあげてくれた。

集まって、話をしてみて、つくづく思う。
みな、語りたいし、いろいろなことを知りたいのだ。
伝えたいことがあり、つながっていきたいことがある。
やるべきことをやろうと思っている。
自分の利益のため、などとは考えていない。

自分の頭で考え、動こうとしている人たちがいる。
そこが大切なところだ。

設立し、動きだすまでにはまだ時間がかかるだろう。
でも、焦らずていねいにやっていこうと思う。
目に見える成果はすぐに出す必要はない。
みんなの大きな意思を同じ方向へとたばね、方向さえ定まれば、あとはみな好きなように自由にゴールに向かって歩き出せばいい。
道すじはいくらでもある。

苦労や障壁もいっぱい出てくるだろう。
それでも、何とかなるだろう。
みんなで知恵を出せば何とかなる。

あまり根拠のない楽観とともに、ひとまずは設立へ向けて、もうひと踏ん張りだ。


|

« やってよいこと、悪いこと | トップページ | リニアを作ってはならない »

信州自然エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギー松本地域協議会(仮称):

« やってよいこと、悪いこと | トップページ | リニアを作ってはならない »