« なぜ駐車場を拡大?塩尻ウイングロードビル | トップページ | 第1回政策調査部会 »

2012年1月 9日 (月)

今日はカキカレーの日

カキカレー。

さあ、どんなカレーでしょう?
冬と言えば牡蠣、牡蠣をふんだんに入れたカレー!ではないのです。

ふんだんに入れた、という点ではそのとおりですが、カキはカキでも、柿をふんだんに入れたカレーを作ってみました。

我が家の庭には富有柿が植えてあります。

Photo

今年はアメリカシロヒトリにかなり葉を食べられてしまいましたが、それでもこうやって実をつけてくれました。虫のせいかどうかわかりませんが、例年ほどの甘さはありませんでした。摘果もしないから、かも。

重さにして30キログラム以上の柿がとれます。おすそ分けしても、食べきれないくらいです。
毎年、正月の時にはまだ収穫した柿が残っています。かなり柔らかくなり、ヘタをとってそこからスプーンですくうとゼリーのようにして食べることができます。廊下に保管しておけば、何しろ冷蔵庫よりも気温が低いので、とっても冷たいデザートになります。

この正月には、いつもより多くの柿が残ってしまいました。さて、どうしたものか?
そうだ!カレーにしてみよう。カレーに挑戦です。
なぜカレーと思ったのか?
実は暮れにカレーを作ったときに、試しに少しだけ柿を入れてみました。気のせいか、おいしくなった感じでした。

で、今回は柿を主役にして作ってみようと思ったわけです。

柿をいっぱい、ボケた紅玉を2個、玉ねぎを1個、にんにくを少々。圧力鍋に入れた状態がこれです。

2

たしかに柿です。
これをアラジンのストーブにかけます。もう35年以上使っているストーブ。働き者ですね。

1


5分間加圧してできた状態がこれ。味をみると、さすがに甘い。でも思ったほどの甘さではなく、さわやかな甘さです。

3

水は加えてありません。

これにカレールーを加えます。
実はこの時点で少し悩みました。生活クラブのルー、手元にはカレーとハヤシがあります。ハヤシのほうが合うかも。
でも今回は、カレーにしたらどうなる?がメインテーマだったので、予定どおりカレーにしました。
カレールーを加え、続いて朝岡スパイスのカレー粉を少しずつ加えて、辛さを調整。
さあ、できあがり!


4

おいしかったです。
甘口のカレーで、食べていると、細かな細かな辛さの粒子がときどき舌を刺激してくれて。

新しい発見。何でも、やってみるものですね。

やってみなくちゃ、よいものはわからない。ほんとうにそう思いました。


|

« なぜ駐車場を拡大?塩尻ウイングロードビル | トップページ | 第1回政策調査部会 »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はカキカレーの日:

« なぜ駐車場を拡大?塩尻ウイングロードビル | トップページ | 第1回政策調査部会 »