« もっとエコ生活「トイレットペーパーの質」 | トップページ | なぜ自然エネルギーなのか? »

2012年1月23日 (月)

もっとエコ生活「トイレットペーパーの量」

昨日のブログの続き

「トイレットペーパーの量」

日本人は平均で1日約9㍍のトイレットペーパーを使うらしい。年間では一人約7.5 ㌔㌘。原料が森林資源であることを考えると少しでも使用量を減らしたい。トイレでの本来の用途に支障をきたさずに使用量を減らせるのか?実はちゃんと減らす方法がある。

紙が二重になったダブル巻でなくシングル巻を使うのが有効だ。一回に引き出す紙の長さは、ダブル巻にしたから
といって半分になるわけではない。ロールには芯、つまり紙管を使うものが多いが、芯なしタイプもある。これだと最後に紙管が残らず無駄がない。ただしペーパーホルダーの形状により合わない場合もあるので、選ぶときに確認が必要だ。

さらにロール幅を通常より1割程度狭くしたものもある。狭いといっても欧州ではこれが普通だ。毎日使うトイレットペーパー、エコの目で選ぶことが肝心。あとは普通に使えばよい。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年2月23日掲載)

|

« もっとエコ生活「トイレットペーパーの質」 | トップページ | なぜ自然エネルギーなのか? »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「トイレットペーパーの量」:

« もっとエコ生活「トイレットペーパーの質」 | トップページ | なぜ自然エネルギーなのか? »