« 効率のわな | トップページ | 自然エネルギーネットまつもと、スタート! »

2012年2月14日 (火)

もっとエコ生活「プルサーマル

「プルサーマル」

原子力発電(原発)のひとつの方式。プルトニウムを熱(サーマル)中性子炉で使うことから名付けた和製英語だ。原発の燃料、通常はウラン。核分裂によりウランから生じるプルトニウムを集め、ウランと混ぜ MOX 燃料を作り原発で使う、これがプルサーマルだ。

プルトニウムは半減期が2万4千年、実質、半永久的に放射線を出し続け、化学的にも有毒だ。核兵器の原料にもなる。

政府や電力会社はプルサーマルを進めている。福島第一原発3号機は昨年10月からプルサーマル運転を始め、中部電力の浜岡原発でもプルサーマルを実施予定だ。食べ物の産地や作り方を気にする人は多い。電気についての関心はどうだろう?コンセントの向こうで何をやっているか、何が起きるのか、それを知ることが肝心だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年4月6日掲載)

|

« 効率のわな | トップページ | 自然エネルギーネットまつもと、スタート! »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「プルサーマル:

« 効率のわな | トップページ | 自然エネルギーネットまつもと、スタート! »