« メモリアルデー | トップページ | 20120221 »

2012年2月20日 (月)

もっとエコ生活「太陽エネルギー」

「太陽エネルギー」

太陽から地球に降り注ぐエネルギーは膨大だ。その量は、人間が必要とするエネルギーの1万倍にものぼると言われる。

自然エネルギーは太陽から生み出される。太陽光発電や太陽熱利用は当然として、風力や水力もだ。大気に温度差が生じると風が吹く。温度差は太陽が作る。太陽熱で水は蒸発し上空で冷え雨や雪となり水力として利用できる。バイオマスは光合成で作られ、まさに太陽の産物だ。

自然界は太陽だけをエネルギー源とし、食う食われるしくみのもと、命と物質の循環を続けてきた。その永続性は長い歴史が実証している。人類が持ち込んだ化石燃料やウランは自然界で共存できるのか?答はわからないし、わかった時には遅いかもしれない。太陽の恵みをもっと活用することは有力な選択だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年4月13日掲載)

|

« メモリアルデー | トップページ | 20120221 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「太陽エネルギー」:

« メモリアルデー | トップページ | 20120221 »