« 心と体 | トップページ | 人間は自然がきらい? »

2012年3月 6日 (火)

もっとエコ生活「アンペアダウン」

「アンペアダウン」

私たちは化石燃料やウランなど限りあるものに頼り電気を得ている。社会に欠かせない電気の使い方を再点検してみたい。ポイントは2つ。電気使用のピークを下げることと総量を減らすことだ。

家庭毎のピークを下げるに有効な手段がある。契約アンペア数が40Aなら、30Aや20Aへと下げるアンペア変更だ。これで基本料金も安くなり、変更工事は無料でできる。アンペアダウンは変更を呼びかける運動だ。

家庭で使う電気の上限を設定すれば、仮にオーバーしてもブレーカーが落ちるだけでほとんど実害は生じない。同時に使う電気器具の㍗数合計を、30Aなら3000㍗、20Aなら2000㍗までに抑えるよう工夫すればよい。電気のスイッチが発電所に直結していることを意識するのが肝心だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年5月4日掲載)

|

« 心と体 | トップページ | 人間は自然がきらい? »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「アンペアダウン」:

« 心と体 | トップページ | 人間は自然がきらい? »