« 竜巻 | トップページ | 麹菌と乳酸菌 »

2012年5月 8日 (火)

規制・制度改革

今日は長野県庁で「自然エネルギーに関する規制・制度改革意見交換会」が開かれ、参加してきた。

国では、内閣府の行政刷新会議のもとに「規制・制度改革に関する分科会」を設け、エネルギー分野の規制・制度改革に関する検討を進めている。
今日はこの分科会の事務局をつとめている内閣府の小村参事官が長野市まで来てくださり、小村さんとの意見交換会となった。

国は4月3日に、閣議決定として「エネルギー分野における規制・制度改革に係る方針」を打ち出した。
この内容についても小村さんから説明があり、意見交換を行った。
ぼくは自然エネルギー信州ネット 政策調査部会からの提案を伝えた。

内閣府が打ち出した方針は、けっこう踏み込んだ内容になっていると思う。自然エネルギー普及にとって妨げとなっていた規制などがかなり緩和されるだろうと思える内容だと受けとめている。
その一方で、まだ電力中心、「エネルギーが足りない」意識が中心、中央中心、そういった側面も大きいと思う。
これからの課題となるだろう。

意見交換の詳細内容は省略するが、今日の意見交換会はやってよかったと思った。
そして、もっとこういう機会が必要だと思った。

県内には、自然エネルギー普及のために、地道に苦労している人々がいる。
いろいろな事例もある。
そういったものを掘り起こし、中央で行われている検討に、適切なフィードバックや情報提供を行うことが大切だと思った。
まだまだ、そいうものが足りない。そんなことも実感した今日の意見交換会だった。

|

« 竜巻 | トップページ | 麹菌と乳酸菌 »

信州自然エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規制・制度改革:

« 竜巻 | トップページ | 麹菌と乳酸菌 »