« ステークホルダー会議・3 エネルギーリテラシー | トップページ | 次の+20はあるか? »

2012年6月19日 (火)

もっとエコ生活「耐久消費財の普及率」

「耐久消費財の世帯普及率」

総務省統計局が発表する全国消費実態調査を見ると、主要な耐久消費財の世帯普及率の推移を知ることができる。耐久消費財の普及に伴って暮らしは変わり、エネルギー消費は大幅に増えた。

縦軸に世帯普及率を、横軸に年号をとると、Sを寝かしたような曲線が現れる。ゆっくり普及が始まり、ある時期から急激に拡大し飽和するからだ。製品別に何本もの線が描かれる。まず冷蔵庫と洗濯機、次にカラーテレビ、掃除機が普及。さらにエアコン、車、ビデオ、電子レンジなどが続いた。今はデジタル機器が拡大中だ。

多くの世帯に行き渡ると、次には同じ世帯で何台も持つようになる。製品を作るための資源も、動かすためのエネルギーも有限なのに、私たちはこれからも新しい曲線を追加し続けるのだろうか。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年8月3日掲載)

|

« ステークホルダー会議・3 エネルギーリテラシー | トップページ | 次の+20はあるか? »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「耐久消費財の普及率」:

« ステークホルダー会議・3 エネルギーリテラシー | トップページ | 次の+20はあるか? »