« 次の+20はあるか? | トップページ | 「こう考えた」 »

2012年6月21日 (木)

夏至

今日は夏至。

たしかに明るい。
夕方、19時くらいになっても、けっこう明るい。
朝も明るい。

朝4時ともなれば明るみ始めているのがわかる。
少し夜更かししようものなら、眠ろうとするときには朝が始まっている。

こうやってまた季節がひとつぼくの中で歩みを重ねる。

季節と書いたが、最近は昔とはかなり異なってきた。
季節外れの台風、雷、ひょう。
昔は考えられなかった竜巻。

季節を重ねることは、時間が過ぎること。
こうして時間が過ぎるあいだにも、ぼくたち人間は
ますます季節感のない気候変動へと加担する
行いを続け、自然をいためつけることをやめようと
していない。
例えば、原発を再稼働するとか。

同じ時間でも、使い方次第で、それによって
生まれるもの、変わるものは大きく異なる。
取り返しのつかない時間の使い方もある。

限りある時間。その時間をどう使うのか。
個人のレベルでも、社会のレベルでも
もっとよく考えたいものだ。

|

« 次の+20はあるか? | トップページ | 「こう考えた」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏至:

« 次の+20はあるか? | トップページ | 「こう考えた」 »