« 暑い | トップページ | 久しぶりの新宿 »

2012年7月27日 (金)

ウナギ

今日は土用丑の日。

先ほどニュースを見ていたら、ウナギが高騰していることを取り上げていた。
ウナギの稚魚であるシラスの漁獲量がかなり減っているそうだ。
減った原因は何だろう?

自然減?、獲り過ぎ?、気候変動?、化学物質?
たしか、シラスの生態だってまだわからないことだらけ、という話だったと思う。

とすれば漁獲量の減少だって原因はわからないのではないかと思う。

ウナギは美味しいですね。好きです。
でも、ウナギは店によってかなり味に違いの出てしまう食べ物だとも思っている。

何となく気になるのは、ウナギを食べ過ぎてはいないかってこと。
いや、ぼくが食べ過ぎているって話ではない。
ぼくだったら年に1回食べるかどうかだ。
日本人全体として食べる量が必要以上に増えていないかって、少し気になる。
根拠はないので、あくまで感覚的なものだが。

ウナギに限らず、食べ過ぎているものはあれこれありそうだ。
その地でなければ食べられないモノ、ずっとそうだったものが、保存技術やら輸送技術やらが発達したせいか、どこでも食べられるようになってしまったり。いきおい消費は増える。

必要以上に食べない。
このことは、もっと真面目に考えたほうがよさそうだ。
食べ物はすなわち生態系サービス。自然の恵みだ。

あまり好き放題していると、いつか自然のしっぺ返しをくらいそうな気がしたならない。


|

« 暑い | トップページ | 久しぶりの新宿 »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナギ:

« 暑い | トップページ | 久しぶりの新宿 »