« 「さようなら原発10万人集会」の報道 | トップページ | 大汗の一日 »

2012年7月17日 (火)

もっとエコ生活「雨水タンク」

「雨水タンク」

地球に存在する水の総量は一定だ。減りも増えもしない。必要な時、必要な場所に、必要なだけの水があるかそれが問題だ。生活に欠かせない水、全てが水道水でなくともよい。天からの恵みである雨水も有効に使いたい。

屋根に降った水を集めるのが雨水タンクだ。原理的には水をためる容器を雨どいにつなげばよい。専用のタンクも売っているが、ドラム缶やワイン樽を転用して使うこともできる。中には地下にタンクを設ける本格派もいる。

雨水は驚くほど簡単にたまる。山に降った雨で川が一気に増水するのを実感する瞬間だ。貯めた水は腐るのではないか?心配はご無用。水蒸気が上空で冷えて水滴となったものが雨。つまり蒸留水と同じ、だから腐りにくい。雨水利用で自然との接点も生まれる。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年8月24日掲載)

|

« 「さようなら原発10万人集会」の報道 | トップページ | 大汗の一日 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「雨水タンク」:

« 「さようなら原発10万人集会」の報道 | トップページ | 大汗の一日 »