« 再び省エネ電車 | トップページ | コロッケが好き »

2012年8月10日 (金)

もっとエコ生活「家庭からの誘発排出」

「家庭からの誘発排出」

悪化の一途をたどる地球温暖化問題。解決の糸口は見えず、大気中に排出される二酸化炭素は増え続ける。日本では家庭部門からの排出が約14%を占める。政府は家庭の取り組みを強調するが、仮に家庭からの排出がゼロになっても日本全体の14%が減るだけだ。

家庭の取り組みは労多くして功少なしなのか?そうではない。誘発排出で考えてみよう。家庭で消費する財やサービスはその生産や流通の過程でも二酸化炭素の排出を伴う。この間接的な排出と、家庭での直接的排出を加えたものが誘発排出となる。

日本の二酸化炭素排出の約半分が家庭からの誘発排出と推計されている。過剰な消費をやめ、環境への影響が少ない商品を選び、無駄のない使い方をする。その行いが大きな効果につながる。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年9月7日掲載)

|

« 再び省エネ電車 | トップページ | コロッケが好き »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「家庭からの誘発排出」:

« 再び省エネ電車 | トップページ | コロッケが好き »