« 未知の領域 | トップページ | もっとエコ生活「10万年のゴミ」 »

2012年8月27日 (月)

もっとエコ生活「シェルピンスキーの森」

「シェルピンスキーの森」

フラクタル日除け「シェルピンスキーの森」は、自然の樹木が持つ機能にヒントを得て作られた全く新しい形の日除けだ。普通の日除けと異なり、隙間だらけの構造をしている。

樹木や海岸線、雲など自然界のものは細部を拡大すると全体と同じような形をしている。自身の中に、より小さな相似形状を有する複雑な形状がフラクタルだ。

強い日差しで建物や道路などが触れないほどに熱い時も樹木は熱くならない。無数の小さな三角すいをフラクタル
的に配置したシェルピンスキーの森は、三角すいの立体的な重なりが日陰を生み、隙間を抜ける風が効果的に熱を逃がし日除け自体が熱くならない。完璧ではないが極端に暑くならず、まさに自然体。自然と対立せず、その知恵に学ぶことが肝心だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年9月14日掲載)

|

« 未知の領域 | トップページ | もっとエコ生活「10万年のゴミ」 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「シェルピンスキーの森」:

« 未知の領域 | トップページ | もっとエコ生活「10万年のゴミ」 »