« ロケットストーブ、焚口と点火方法 | トップページ | ペール缶ロケットストーブの作り方 その5 »

2013年3月25日 (月)

もっとエコ生活「世代間倫理」

「世代間倫理」

多数決。民主主義のルールに従い、私たちはものごとを決める。ルールを決めた考え方に問題はないだろうか?持続可能な社会を作る時、社会の方向の決め方のルールは重要だ。

現在の世代には、未来世代の人間らしい生存を保障する責任がある。この考え方が世代間倫理であり、世代間衡平とも呼ぶ。

私たちは未来世代の参加がないまま、未来に影響していくことを決める。二酸化炭素は将来にわたり気温を上げ続け、原発の使用済核燃料、つまり核のゴミはどう処分するのか決まっていない。未来世代は原発の電気を使わなくても核のゴミを残され、温暖化に苦しめられても、過去の当事者に文句を言うことはできない。私たちの責任を果たすには、未来を想像する力が必要だ。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2011年12月14日掲載)

|

« ロケットストーブ、焚口と点火方法 | トップページ | ペール缶ロケットストーブの作り方 その5 »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「世代間倫理」:

« ロケットストーブ、焚口と点火方法 | トップページ | ペール缶ロケットストーブの作り方 その5 »