« ペール缶ロケットストーブの作り方 その4 | トップページ | もっとエコ生活「世代間倫理」 »

2013年3月23日 (土)

ロケットストーブ、焚口と点火方法

今日は、ロケットストーブの点火方法について書いてみる。

点火の前に焚口について確認。
可能性を言えばいろいろあるわけだが、ひとまず3種類の焚口が考えられる。
その3種類については、以前紹介した

点火については、どの焚口についても原則的には同じであるが、ここではエビ曲45°を使って点火した場合の方法を紹介(記録)しておく。

まず、段ボールをテキトーにちぎって、焚口から放り込む。こんな感じだ。
ちなみに写真は焚口を真正面にして撮影している。
Photo

次には火を点けた段ボール片を放り込む。

1

だんだんと火が大きくなる。

2

エビ曲45°は火の引き込みが早い。
この写真で、すでに火が、ロケットストーブ本体の方へと引き込まれているのがわかる。

火がそこそこ大きくなったところで、焚きつけ用の燃料を投入。
今回は燃料として竹を使ったので竹で説明する。
竹を細かく割ったものを焚きつけとした。

Photo_2


もちろん竹に限らず、木の枝でも木片でも割り箸でもよい。杉の枯れ枝などもおススメだ。
焚きつけに火が点いたら、本番燃料を投入する。


Photo_3

あとは、本番燃料を足していけばよい。

以上だが、これが正解かどうかはよくわからない。
もっとよい方法があるかもしれない。
ただ、この方法で今のところ失敗はないので、大きな間違いはないものと思う。

|

« ペール缶ロケットストーブの作り方 その4 | トップページ | もっとエコ生活「世代間倫理」 »

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロケットストーブ、焚口と点火方法:

« ペール缶ロケットストーブの作り方 その4 | トップページ | もっとエコ生活「世代間倫理」 »