« 竹炭が松を救う | トップページ | 教えて学ぶ »

2013年6月 2日 (日)

62年過ぎてのご縁

今日はエネットまつもと ネットワークづくりチームの仲間とともに、山形村へと出かけた。
改装中の民家を見るためだ。

ネットワークづくりチームでは、とある催しを企画しており、その会場としてその民家がどうかという話があり、ひとまず下見させてもらおうと出かけた。

かなり本格的な改築作業だ。
梁には上棟式の署名や日付が残っている。それを見て驚いた。
「昭和26年6月3日」と書いてあるではないか。
今日は6月2日。つまり、棟上げから62年間が過ぎる、その最後の日、明日からは63年目に突入という節目の日だったのだ。

不思議なご縁を感じた。
ぜひ、ここを会場として催しを開きたいと思った。

|

« 竹炭が松を救う | トップページ | 教えて学ぶ »

信州自然エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 62年過ぎてのご縁:

« 竹炭が松を救う | トップページ | 教えて学ぶ »