« 薬、薬、薬 | トップページ | どちらにしても濡れる »

2013年8月22日 (木)

もっとエコ生活「バイオミミクリー」

「バイオミミクリー」

バイオミミクリーとは、生物を意味する「バイオ」と模倣を意味する「ミミクリー」からなる造語で、生物模倣と訳す。見聞きしない言葉だが、社会や身近なところで、たくさんのバイオミミクリーの成果を見出すことができる。

生物の形態や生物が何かを作りだすプロセスに学び、それを機械や道具などに応用、つまり真似るのがバイオミミクリー。例えば面ファスナーは、野生のごぼうの種が犬の毛にからまるのを見たスイス人の発明だ。オリンピック競泳で注目を浴びた高速水着は、サメやカジキの肌に学んだ。

生物は長い年月をかけこれらの技を生みだした。人間が大量のエネルギーと資源を投入して作るものも、ごくわずかなエネルギーと材料で作り出し無駄がない。自然の賢さやすごさに学びたい。

(市民タイムス もっとエコ生活より、2012年3月7日掲載)

|

« 薬、薬、薬 | トップページ | どちらにしても濡れる »

幸せエコ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとエコ生活「バイオミミクリー」:

« 薬、薬、薬 | トップページ | どちらにしても濡れる »