« 雪かき臨界点 | トップページ | 右ひじが痛い »

2014年2月11日 (火)

食べ物の嗜好

食べ物の好みの話。

ぼくは基本的には好き嫌いはほとんどない。
いや、そうではないな。
好きなものも、嫌いなものもある。
でも、残さず食べるという意味では好き嫌いはほとんどない。

好みというのは変わっていく。年齢のせいだろうか。
子どもの頃はあまり食べたくなかったものが今は好物になったものがある。
例えば蕎麦。子どもの頃は苦手だった。
今は好きになったが、うどんとそばとどっちが好きかと聞かれれば、もう迷いなくうどんだ。

生クリームも苦手だった。

たいていの場合、子どもの頃は苦手だったものが、大きくなると食べられるようになったり、好きになったりするようだ。
逆はあるだろうか?
子どもの頃は好きだったのに、今はそうでもない、というもの。

う~ん。
思い浮かばない。

無理やりあげればセロリかなあ。
ただし、好きという点では今でも好きだ。セロリの味は大好きだ。
ところが体が受け付けない。
少々なら大丈夫だが、どこが臨界点か試すのもこわい。
不思議なものだ。
好きなのに、体が受け付けない。

これからも嗜好は変わるだろうか。楽しみだ。

|

« 雪かき臨界点 | トップページ | 右ひじが痛い »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物の嗜好:

« 雪かき臨界点 | トップページ | 右ひじが痛い »