« 久々の京都 | トップページ | 湯たんぽ »

2014年11月19日 (水)

かぶにはまる

株ではない。
蕪だ。

先日、聖護院大根の千枚漬けを作ったことを書いた。
驚きのおいしさだった。

聖護院大根は大根ではあるが肉質が柔らかく、蕪のようでもある。
そこでここのところ立て続けに蕪や大根を漬けている。
王滝蕪、白蕪、赤蕪、紅芯大根などなど。
どれも美味しい。

春には梅や新生姜を漬けた。今も楽しめている。
先日は久しぶりに甘酒も作った。

こういう昔からの食材のことをもっと学びたい。

|

« 久々の京都 | トップページ | 湯たんぽ »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぶにはまる:

« 久々の京都 | トップページ | 湯たんぽ »