« 経済拡大しても、二酸化炭素は増えない | トップページ | 繰り返し作ること »

2015年5月18日 (月)

うどんを美味しく茹でるには圧力鍋がよい、たぶん

ぼくのお気に入りは亀城庵のうどん。
美味しいうどんだ。

もう半年くらい前のことだが、このうどんを圧力鍋で茹でてみた。
動機は省エネ。ガスコンロでの加熱時間を減らせると目論んだ。
今までは普通の鍋で15分間点火、7分間点火で済むようになったので、省エネにはなったはずだ。

それはそれでうれしいことだが、食べてみてびっくり。
いつもよりも一段とコシが出た。

気のせい、もしくは偶然かと思ったが、その後も圧力鍋て茹でて食べるたびにコシをとても感じる。

そこで先日、圧力鍋で茹でたものと、普通の鍋で茹でたものとを同時に作って比較してみた。
その結果、比較したからよけいにわかったのだろうけど、圧力鍋のほうがコシが強かった。
定量化はできていないが、コシがあると感じた。

理由はわからないが、省エネになるし、美味しいし、これからは圧力鍋だな。

|

« 経済拡大しても、二酸化炭素は増えない | トップページ | 繰り返し作ること »

食べ物の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどんを美味しく茹でるには圧力鍋がよい、たぶん:

« 経済拡大しても、二酸化炭素は増えない | トップページ | 繰り返し作ること »