« またまた出張 | トップページ | 地域防災力セミナー »

2015年8月26日 (水)

風の音と神経の高ぶり

昨夜は寝苦しかった。

寝苦しいというと蒸し暑い夜の代名詞のようなものだが、昨夜は涼しかった。むしろ寒いくらい。
ではどのように寝苦しかったのか?

神経が高ぶったような感じで、しばらく眠っては目が覚め、また眠っては目覚めを繰り返した。
どうしてだろう。
風の音と関係があるような気がした。

台風の影響で昨夜は強風が吹き荒れた。
風が木々を揺らしたり、すり抜ける時の音、家を震わす音、そういった風の持つ圧倒的なパワーを感じさせる音がどうも神経を高ぶらせたような気がする。
うるさいのではない。

根源的なおそれが呼び起こされるのだろうか。

|

« またまた出張 | トップページ | 地域防災力セミナー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の音と神経の高ぶり:

« またまた出張 | トップページ | 地域防災力セミナー »