« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

オガライト製造機を見た

昨日のことになるが。
エコ倶楽部信州で行われたモミガライト製造装置の実演見学会に行ってきた。

もみ殻が見る間にモミガライトになっていくのはなかなかのものだった。
モミガライトの外周は黒く焦げている。
当然のことながら、製造装置を動かすと、あたりにもみ殻が焦げる匂いが立ち込める。

聞けば、ヒーターを300℃にしてるとのこと。
かなりの電力消費になりそうだ。
そう聞くと、もみ殻を固めるためにこれだけの熱をかけているのかと思うが、そうではない。
固めるのは圧力だけでよいとのこと。
固めたものを押し出すのに加熱が必要なのだ。
加熱することで、モミガライトとシリンダーの間の摩擦係数が下がり、押し出せるようになるらしい。

惜しい。
それだけのために、むろん、それが重要なのだが、300℃で加熱し続けるのはもったいないと思った。

おそらくまだまだ開発、改良の余地があるだろう。
熱をかけずにモミガライトを作ることもできるような気がしてならない。
それができるのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

発展途上のペール缶ロケスト

ペール缶を使ったロケットストーブはけっこう人気がある。

だが、その歴史は浅いのではないかとも思う。
最近知られるようになったという状況だろう、たぶん。
またいったん作れば壊れるまで使い、一人でいくつも作る人はそんなにはいないだろうとも思う。
そういった事情で、ペール缶ロケストにはまだまだわかっていないことが多いだろうと感じている。

それゆえ、問題も見つかるだろうし、もっとよくなる可能性もある。
まずはステンレス製の煙突に穴があいてしまうのにどう対処するか、ここからだろう。

ぼくはいくつか作って使っているが、それでも比較実験ができるような状況ではない。
一つひとつをていねいに観察していくしかない。
ということを肝に銘じよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

新しい境地:環境問題の講演

岡谷市湊の小坂観音院、かなり有名なお寺であり、ぼくの母方の菩提寺でもある。
ここのご住職から講演のお話を頂戴した。
5月にお寺で1時間ほど話をしてほしいとのこと。

ありがたいことだ。

あたがたいことだが、さて何を話そうか。
大枠で言えば環境問題だが...

やはり、あれだな。
ぼくのモットーである「吾唯足知」をぼくなりの解釈で講釈を垂れるってことかなあ。

と冗談っぽく書いたが、お寺での話というのは大きな意味がある。
お寺と言えば仏教、東洋思想と言ってもよいかもしれない。

ぼくは仏教のことを語れるほどに仏教に対し造詣はない、東洋思想についても同じだ。
だが、環境問題をどうとらえるかということと、仏教や東洋思想はとても親和性が高いと思う。

そんなわけで、どんな話の展開にするか、それを考えるのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

手入れ次第で梅の花

庭の梅のつぼみがだいぶ膨らんだ。

去年は一輪も咲かなかった。
その前にけっこう梅の実が取れたのだが、そのままにしておいたら、徒長枝が伸び放題となり、そのせいだと思うのだがつぼみがひとつもつかなかった。

これはいかんと自己流で剪定したのだが、さいわいにもつぼみがけっこうついている。

花も実も楽しみだ。

今年はまた梅漬けを作るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

パーライトの劣化

ロケットストーブの断熱性能が極度に低下した。
断熱材として使っているパーライトに異常が起きたことが想像でき点検したところ、パーライトが減容化してた。
パーライトの粒が粉々に砕けてパウダーになったしまっていた。
3割くらいは占有体積が減った。

これは大きな問題だ。
パーライトの粒の中にある独立気泡が断熱性能を発揮するわけだが、その効果が期待できなくなる。

どうすればよいのだろう?

まだアイデアはないが、何とかせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

電気料金と固定価格買取制度

固定価格買取制度(FIT)の費用負担が標準家庭で毎月675円程度になるとの報道がある。
FIT開始当時は月66円だったので、10倍ということだ。

このことを多くのメディアは、FITに大きな問題があるかのごとき論調で報道している。例えばNHKだ。
FITには再生可能エネルギーの普及が進めば進むほど負担額も増える、そこをどうすうかという課題があるのは事実だ。

だがその一方でFITのようにわかりやすくないように処理されているのが原発関連費用だ。
しかもこれはFITが始まるずっと前からのことだ。

なぜこのことをもっと取り上げないのだ。
片手落ちというレベルの話ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

環境問題を単に稼ぎのネタにしている人

ここのところ、東京で開催される環境関連の会議やセミナーに続けて参加した。
集まるのは、環境問題の専門家と言われる人たち。

この手の集まりでいつも気になることがある。
東京のビルのせいか、トイレにはペーパータオルかジェットタオルが備え付けてあることがほとんど。
そしてトイレを使う人のほぼ全員(ぼくがトイレで一緒になったという範囲ではあるが)が、ペーパータオルやジェットタオルを使っている。

なぜ?

これらが環境負荷の点で問題があることはみなさん知っているはずなのに。何しろ専門家だ。

けっきょく、いくら立派な研究をして発表しても、身にはついていないということ。
これでは環境問題の解決などおぼつかないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

なるのは早く、治るのは遅い

10日ほど前に花粉症&風邪になった。
その時、首から肩甲骨周辺にかけてがとても痛くなった。
それが今も続いている。
今は右腕がしびれている。
普通にしていると感じないが、こうしてパソコンに向かうとしびれる。
キーボードやマウスのせい?

これに限らず、体の不調は、不調になるのはあっという間だが、なかなか治らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

削り馬に会った!

昨日は塩尻市のレザンホールで全国木育サミットが開かれた。
今回で3回目となるが、地方での開催は初めてだ。

ぼくは未消化だったフレックス休日を使って参加した。
お目当てはワークショップ。
全部で14のワークショップがあったが、その中の「グリーンウッドワーク」のワークショップだ。

前々から気になっていた「削り馬」の話を聞かせてもらえるだろうと期待して参加した。

ワークショップには削り馬が置いてあった。
実演もしてくれた。
そしてぼくも実際に削り馬にまたがり、クリの材を削った。

愉しかった。
心底、愉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

やってしまった、風邪?それとも...まさかねえ

土曜日の午前中、急に涙目になった。
あ、花粉症!

鼻水も出始めた。

そして日曜。
今度は微熱。そして体がだるく頭痛もあった。

そして今日。
相変わらずの微熱、そして咳と肩から肩甲骨の凝り。

今の体温は37.1度。

微熱でもインフルエンザの場合もあるとの情報もあって、やや不安。

今夜は早く寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

意見書を出した

昨夜(3/3)遅くに、諏訪市の四賀ソーラー事業環境影響評価方法書への意見書を提出した。

驚いたことには今朝起きると、夜中のうちにLooop担当者から意見書を受領した、そして締め切り後に県に提出するとの返事が届いていた。

素早く誠実な対応だと思った。
環境影響評価においても、その姿勢を貫いてほしい。

意見書には、大雨への対応、除草剤不使用の根拠の2点についての意見を述べるとともに、評価開始後は、状況を適宜公開することを求めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

本気で心配、体力低下?

諏訪の合同庁舎での会議に出席した。
会場は5階の講堂。
入口は地階。

いつも地階から5階まで階段で上る。

今日は焦った。
3階を過ぎたあたりから、息が切れ、足がなかなか動かない。

この会場はよく来るが、いつもはもっとさっさと上っていたし、5階に到着しても疲れたとは感じなかった。
ところが今日は5階が精いっぱいという感じ。

一過性のものなのかどうか。
ちょっと気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

59

今日は誕生日だった。
59歳だ。
法律では誕生日の前日で年齢を加算するので、法律上は昨日59歳になったというわけだ。

あと1年で還暦だなど、とても信じられないが、これもまた現実で事実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »