« 安倍首相、違いを説明できないの? | トップページ | 信州ネット総会 »

2016年6月25日 (土)

今年のヒシ除去作業

昨日、諏訪湖のヒシ除去作業に参加した。
下諏訪町の高浜沖だった。

岸辺の浅瀬にはヒシがびっしりと繁茂していた。
3時間近くの作業で3トン近くのヒシを抜き取ったものと思われる。

これで4回目の参加だが、今までとはだいぶ様相が異なった。
魚の死がいがとても多く、腐敗臭を放っていた。

舟をあやつる漁師さんに聞いたところ、今年は水が濁っていて、魚の死がいが多いとのこと。
「酸素不足ですか?」と聞くと、そうだと。
ヒシが多すぎて、水中の酸素が足りなくなっているらしい。

ヒシ刈り船はあるが、水深の浅いところでは使えない。
こうして人力でやるしかない。

漁師さんも言っていたが、ほんとうは湖底のヘドロの中に埋もれているヒシの実を取り去らないと、なかなか解決は難しそうだ。

なかなか良い方法がないとは言うが、おそらく予算もつかず、研究したくてもできないのではないか?
勝手な想像ではあるが。

ヒシの実をヘドロの中から取り去る、ちゃんとお金をかければその方法を開発できそうな気がしてならない。

|

« 安倍首相、違いを説明できないの? | トップページ | 信州ネット総会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174504/66209022

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のヒシ除去作業:

« 安倍首相、違いを説明できないの? | トップページ | 信州ネット総会 »