« イギリスのEU離脱 | トップページ | 緊急事態条項と「新しい判断」 »

2016年6月30日 (木)

なぜ改憲を論じないのか

この選挙で、自民党も公明党も改憲について論じようとしない。
なぜだろう。
そもそも、選挙用と普段用とで主張を使い分けること自体がおかしい。

改憲を論点にすると、思うような議席数を確保できないと見ているのだろうか。
だとすれば、その分析は正しいだろう。
その結果として避けているのであれば、何たる政党なのだろうか。
そうだったら、さらに論点にすべきだ。
そうして自らの主張の合理性を説明すればよい。

|

« イギリスのEU離脱 | トップページ | 緊急事態条項と「新しい判断」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174504/66283422

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ改憲を論じないのか:

« イギリスのEU離脱 | トップページ | 緊急事態条項と「新しい判断」 »