« 選挙とは非難合戦? | トップページ | 安倍首相、違いを説明できないの? »

2016年6月20日 (月)

講演会の楽しみ

今日は会社の業務として、講演会を開催した。
業務として長野県環境保全協会の地区支部の事務局を担当しており、年1回の講演会を開いたのだ。

事務局業務としては3回目の講演会だった。

たぶん、ぼくは講演会とは縁が深いように思う。
講演会とぼくのかかわりは大きく3つにわけることができそうだ。
1.主催者
2.講演者
3.聴講者

このうちかかわりを考えるのは1.と2.だろう。
1.も2.もともに何か伝えたいものがある、その点では共通している。
それを、1.は他人にやってもらい、2.は自分が行うわけだ。
だがそれは全く自由にできるわけではない。

1.と2.を一緒に行う場合、つまり自分の講演会を自分で主催するのがもっとも自由度が高そうに思えるが、イベントは一人だけではなかなか準備や運営ができないので、この場合でも他人とのかかわりを持ちながらになる。

大雑把に言うと、1.の場合は企画そのものは自分の意向を反映できるとしても、講演者が必ずしもその意向に応える内容で話をしてくれるとは限らない。むろん、講演者はこちらの意向を理解し、それに賛同してくれているからこそ講演してくれるのだが、やはり基本は講演者の考え次第だ。
さらに、講演会の企画や運営も、思うように行く部分とそうではない部分がある。

2.の場合、自分の考えを話すことができるが、他人が企画した講演会で話す場合、やはり主催者の意向を尊重する。

今日の講演会はうまく行ったと思うし、何か不満を持っているわけではない。

1.も2.も好きだ。
きっとまだまだ主催者にとっても、講演者にとっても、聴講者にとっても満足度の高い講演会を開くことができると考えているってことだな。


|

« 選挙とは非難合戦? | トップページ | 安倍首相、違いを説明できないの? »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174504/66123745

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会の楽しみ:

« 選挙とは非難合戦? | トップページ | 安倍首相、違いを説明できないの? »