« 人為災害と自然災害 | トップページ | 教えることと与えること »

2016年10月 4日 (火)

完全に出遅れた日本、早く批准を

パリ協定への批准が進んでいる、日本以外は。

排出量世界4位のインドの批准でパリ協定発効が現実的になり、ここでEUが批准決定したことで発効が確実となった。

近々開催のCOP22に日本代表はどんな顔をして参加するつもりなのだろうか。
パリ協定前の国際合意は京都議定書だった。
その名のとおり、京都で開いたCOP3で日本が議長となって決めた国際法だ。
それなのに、自民党政権は実質的に京都議定書から離脱した。

パリ協定は全世界の国が採択した。その点では画期的だが、気候変動対策としての実効性では大きな問題点も抱えている。だがともかくも発効させ、足りないところをさらに実効的なものにしていかなければならない。

なぜすべきことをさっさとしないのだろう。

|

« 人為災害と自然災害 | トップページ | 教えることと与えること »

気候変動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174504/67799277

この記事へのトラックバック一覧です: 完全に出遅れた日本、早く批准を:

« 人為災害と自然災害 | トップページ | 教えることと与えること »